自動車の保険には自賠責保険あるいは任意保険といった2個の分類が存在します。任意保険、自賠責保険の双方ともに、万一の事態に遭遇したときの補償を想定したものですが契約の中身は細部において異なるのです。2つの保険をよく見ると補償が約束される条件が異なってきます。※事故の相手に対しては、自賠責保険・任意保険によって補償されようになっています。※自分自身へは「任意保険」のみで補償できます。※自分の所有する財産へは、[任意保険]のみで補償します。自賠責保険それだけでは、自分の手傷もしくはマイカーに対する賠償などは受けられません。さらに相手方への補償などの支援ですが自賠責保険においては亡くなったケースでは上限額三千万円・障害を負わせてしまった場合最大額で四〇〇〇万円となります。しかし実際の賠償額が前に挙げた額を凌駕することは結構な頻度で起こり得ます。また加えて相手の乗用車あるいは建物を破壊してしまったときには加害した者による完全な自己負担になると定められているのです。そのためにも任意保険が必要になるのです。危害を受けた人のサポートに重点を置く任意保険ですが、それとは違う役割があるのです。※事故の相手に対しては、死亡時もしくは怪我の他クルマないしは家などの対象物を賠償するのです。※自分に対しては搭乗者も込みで、死亡時やケガを賠償してもらえるのです。※自己の財産へはクルマを補償してくれます。このように様々な面に関して賠償が安心できるものであるということが任意保険のストロングポイントです。掛金の支払いは欠くべからざるものとなってしまうこととは引き換えに事故に巻き込まれた時の相手のためにも自分自身を守るためにも、クルマに末長く乗りたいのであればぜひとも任意保険というものに加入しておくとよいでしょう。