FX取引の経験の浅い方が市場の要所を探し出すためには、取引を積み重ねることが必要です。

特に、前もって危険性を察知できるようにするためにはミスを積み重ねることも経験のひとつ。

負けたといっても、再起できないほど大きな過ちをしてはいけません。

やり直しが効く損を何回も実践する事が結果としてあなたの場数を増やす事が出来ます。

それを考えると、まず最初は小さな額で売り買いをして、ここでいくつかちょっとした失敗をすることが必要です。

仮に、100万円だけしか投資する余裕が無い方が、はじめに100万円を全て賭けて売り買いすると、間違えた時永遠に立ち直れなくなってしまう危険性があります。

それより、一例として資金の10分の1ずつ小分けして売り買いしてそれによって売買を経験した方が、所徐に損を減らす手段なども身についていくはずです。

はじめにわずかな額で取引する事の長所は先に言及したように、自分の経験値を高め損を管理する方法を覚える事にありますが、トレードの回数を繰り返して、リスクを減らせるという利点もあります。

仮に、1回だけの売り買いで勝てる可能性が5割だとしよう。

この場合、同じだけ損失を生む危険性もあるということになる。

勝率5割ということは。

半々の比率で利益が上げられる事を言い表しています。

ですが、全部の投資資金を注ぎ込んで1回だけのトレードをするということは100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまいます。

このままでは1回だけの賭けと同じです。

すなわち、全ての財産を使って1回こっきりのトレードしないと、これでは大損する比率が高くなってしまいます。

これを避けるために、資金を1度にすべて使うのではなく、いくつかに分割して、回数を積み重ねる事が危険性を減らす事になります。

ただし数回に分けたとしても全ての注文で稼ぐ必要はない。

むしろ、全部は勝てないのが実情です。

トレードで大事なのは、勝つ確率ではなく、いかに儲けるかである。

勝率が50%でも或いは5割以下でも利益を出す事は出来ます。

それ以上負けてもマイナスが少しであればわずかな勝利の儲けでうまく稼げます。

そのために必要な事は、損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

損失が出たら素早くロスカット注文して利益を上げられる場面では上手に稼ぐ事が、FX初心者がFX取引で勝利するための方法です。